ホーム教育事業スマイルブームの教育事業に対する取り組み 〜 『未来を担う若者たちのために』

教育事業

スマイルブームの教育事業に対する取り組み 〜 『未来を担う若者たちのために』

弊社は、代表の小林貴樹による「未来を担う若者たちのために」という提言に基づき、楽しいモノを生み出そうとガンバっている若者を応援します!

弊社は、次世代の人材育成に貢献する具体的な活動として、国内最大のゲーム開発者向け技術交流会「CEDEC (Computer Entertainment Developer Conference)」の運営に参与し、併せて、産学連携によるクリエーター育成を推進する「日本クリエイター育成協会」に参画しています。
これらの取り組みを通じ、国内のゲーム開発者およびゲーム開発者を目指す学生に向けた講演などの啓蒙活動や弊社のゲーム開発における多彩な経験と実績を活かしたプログラミング授業の実施やカリキュラム策定など、北海道科学大学をはじめとする各種教育機関との協働を通じた教育活動の支援も積極的に行っています。

日本のゲーム業界に「楽しい物を作ってくれる若者」が増えることを願い、これからも積極的に教育事業に対する取り組みを進めてまいります。

人材育成に貢献する活動例はこちら


■弊社の教育事業に対する取り組みの一例(2015年4月現在)

代表取締役 小林貴樹

  • 北海道科学大学
    未来デザイン学部 メディアデザイン学科 客員教授
  • 北海道情報大学
    情報メディア学部 客員准教授
  • CEDEC運営委員会
    アドバイザリーボード
  • 日本クリエイター育成協会
    副会長
    (※当社は、日本クリエイター育成協会の協力支援企業です)
imageimageimageimageimage

取締役 徳留和人

  • CEDEC運営委員会
    プログラムワーキンググループ ビジネス&プロデュース主担当
  • 日本クリエイター育成協会
    委員
imageimageimageimageimage

ニンテンドー3DSダウンロードソフト『プチコン3号 SmileBASIC』

  • 大阪府立泉尾高等学校
    3年生の選択科目「パソコン演習」の実習教材として、2015年9月より『プチコン3号 SmileBASIC』を導入。 公立校での授業展開は『プチコン』シリーズ初の試み。
imageimage

大阪泉尾高校レポート - プチコン3号

公立高校でニンテンドー3DSを用いたBASICの授業開始、その狙いを聞く - エキレビ!

BASICで学ぶゲームプログラミング〜『プチコン3号』が高校の授業に導入された経緯とは? - GameBusiness.jp

Windows用ソフト『SMILE GAME BUILDER』

  • Instituto Miguel Angel Herrera, A.C.
    メキシコのプライベートスクール「Instituto Miguel Angel Herrera, A.C.」のコンピュータークラブが実習教材として『SMILE GAME BUILDER』を導入しています。

    日本とは地理的にも離れているメキシコの教育現場にて、ゲーム制作における概念を理解するためのツールとしてSMILE GAME BUILDERが活用されています。
    Instituto Miguel Angel Herrera, A.C. ホセ先生よりメッセージを頂いたのでご紹介します。

ホセ先生のメッセージ

教育の現場でSMILE GAME BUILDERを使った楽しい経験と誇らしさを共有したいです。
私たちは、メキシコのバハ・カルフォルニア・スル半島というところにある小さなプライベートスクールです。学校の名前は、「Instituto Miguel Angel Herrera, A.C.」です。

私たちは8~16歳の子供や若者にコンピューターサイエンスに対する愛と興味を促進させるための実験的なプログラムを実施しています。

2017年1月14日土曜日に、SMILE GAME BUILDERを我々の季刊のプログラムに導入しましたので、この経験を是非、SMILE GAME BUILDERのコミュニティーに向けて発信したいと思いました。

imageimageimageimage

子供たちや若者たちのSMILE GAME BUILDERを触った感想は非常に好感触でした。
コメントも非常にポジティブで、子供たちのSMILE GAME BUILDERを触った時の驚き、こんなユニークなことが出来るんだと分かった時の反応はユニークでした。

彼らはこんなに簡単に手際よくロールプレイングゲームを作れることが信じられないみたいでした。

私はSMILE GAME BUILDERをコンピューターサイエンスに対する愛と興味を促進させる道具としての可能性を固く信じています。

そして、このプログラムの可能性を自分のコミュニティーに散布、シェアそして宣伝することに興味がある人々にそれをしてもらいたいです。というのも、これはたくさんの可能性を秘めた、教育の現場で使える教育に向いたロールプレイングゲームを作る道具だからです。

私たちが出来たのだから、あなたたちもできます。
メキシコからご挨拶申し上げます。

Prof. José Avalos.
mrkarate1983
Baja, MX.

※いただいたメッセージを日本語でご覧いただくために翻訳しています